雑記帳

ここの更新は更新記録のページには記載していないことが多々あります。よろしく。

各見出し部分に各記事へのリンクを表示するようにしましたので必要な方はご利用ください。

メタデータの埋め込み

この記事へのリンク

自作絵のJPEGファイルにメタデータ(作者名や作品タイトル、説明など)を埋め込む話。

デジカメやスマホなどで写真を撮ると、自動的にメタデータ(撮影地点の緯度経度、カメラ情報など。設定してあれば撮影者名も)が埋め込まれます。自作絵の場合は使うツールによりますが、自動的に埋め込むものはほとんど存在せず(おそらくPhotoshopのみ?)、また、作者名などを埋め込んでWEBにあげている人もほとんどいないようです。

さて、メタデータにも種類があります(中身ではなくフォーマットの種類です)。JPEGでは、JPEGコメント、EXIF、XMPといったところです。

JPEGコメントは太古からあるものですが、画像ビューアなどでは対応してないものが多々あり、忘れられた存在という感じです。

EXIFはカメラ関連メーカーが作ったもので、写真用の色合いが濃く、イラスト用には使いにくい印象です。

XMPは画像だけでなくさまざまなもののメタデータに使えるように作られたものです。

さて、EXIFデータなどを表示するツール・アプリは多いのですが、それに比べて埋め込めるツールは少ない気がします。その中から選んだのは ExifTool。コマンドラインツールなので次のようにしてメタデータを埋め込みます。

exiftool -タグ="値" hogehoge.jpg

一つ一つ埋めていくのはめんどくさいので、埋めたいメタデータを書き込んだファイルを用意すれば一回で済みます。

exiftool -tagsFromFile metadata.xmp hogehoge.jpg

ここで「埋めたいメタデータを書き込んだファイル」として利用しているのがXMPファイルです。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを利用するなら、作者名などを含むメタデータをXMPとして出力できるページがあります。 埋め込みたい情報だけフォームの項目に記入してライセンス・マークの項目でXMPを選べばXMPファイルがダウンロードできます。

実際にはそれにいくつかプラスして使ってます。以下の通り。

<?xpacket begin='' id=' '?>
<x:xmpmeta xmlns:x='adobe:ns:meta/'>
<rdf:RDF xmlns:rdf='http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#'>

 <rdf:Description rdf:about=''
  xmlns:cc='http://creativecommons.org/ns#'>
  <cc:attributionName>あきら☆M</cc:attributionName>
  <cc:license rdf:resource='http://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/'/>
 </rdf:Description>

 <rdf:Description rdf:about=''
  xmlns:dc='http://purl.org/dc/elements/1.1/'>
  <dc:title>
   <rdf:Alt>
    <rdf:li xml:lang='x-default'>3本線その2</rdf:li>
    <rdf:li xml:lang='ja'>3本線その2</rdf:li>
    <rdf:li xml:lang='en'>3lines 2nd</rdf:li>
   </rdf:Alt>
  </dc:title>
 </rdf:Description>

 <rdf:Description rdf:about=''
  xmlns:exif='http://ns.adobe.com/exif/1.0/'>
  <exif:UserComment>
   <rdf:Alt>
    <rdf:li xml:lang='x-default'>タイトル:3本線その2/作者:あきら☆M http://www.twin.ne.jp/~akr_m/</rdf:li>
   </rdf:Alt>
  </exif:UserComment>
 </rdf:Description>

 <rdf:Description rdf:about=''
  xmlns:tiff='http://ns.adobe.com/tiff/1.0/'>
  <tiff:Artist>Akira M</tiff:Artist>
  <tiff:Copyright>
   <rdf:Alt>
    <rdf:li xml:lang='x-default'>Akira M http://www.twin.ne.jp/~akr_m/ CC BY-NC 4.0</rdf:li>
   </rdf:Alt>
  </tiff:Copyright>
  <tiff:ImageDescription>
   <rdf:Alt>
    <rdf:li xml:lang='x-default'>3lines 2nd</rdf:li>
   </rdf:Alt>
  </tiff:ImageDescription>
 </rdf:Description>

 <rdf:Description rdf:about=''
  xmlns:xmpRights='http://ns.adobe.com/xap/1.0/rights/'>
  <xmpRights:Marked>True</xmpRights:Marked>
  <xmpRights:UsageTerms>
   <rdf:Alt>
    <rdf:li xml:lang='x-default'>この 作品 は &lt;a rel=&quot;license&quot; href=&quot;http://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/&quot;&gt;クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供しています。&lt;/a&gt;</rdf:li>
    <rdf:li xml:lang='en'>This work is licensed under a &lt;a rel=&quot;license&quot; href=&quot;http://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/&quot;&gt;Creative Commons Attribution-NonCommercial 4.0 International License&lt;/a&gt;.</rdf:li>
    <rdf:li xml:lang='ja'>この 作品 は &lt;a rel=&quot;license&quot; href=&quot;http://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/&quot;&gt;クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供しています。&lt;/a&gt;</rdf:li>
   </rdf:Alt>
  </xmpRights:UsageTerms>
  <xmpRights:WebStatement>http://www.twin.ne.jp/~akr_m/</xmpRights:WebStatement>
 </rdf:Description>
</rdf:RDF>
</x:xmpmeta>
<?xpacket end='w'?>

タイトルを差し替えれば今後も使いまわせるってわけです。

メタデータの埋め込み その2

この記事へのリンク

今度は埋め込んだメタデータがどう表示されるかの話。

標準の機能だけでもそれなりの表示ができるようですね。

ねこみみさん

この記事へのリンク

ねこみみ ねこみみさん。FireAlpaca使用。

全標準フォント一覧、更新しました。

この記事へのリンク

全標準フォント一覧、今回は全面更新。「こうだったらいいなぁ」と思ったものを形にしてみましたのですよ。 以前はMac、Winでまとめていたサンプル画像をフォントごとに画像をばらしました。その上、「取り置き」機能を付けました。

近年Macのフォント数がかなり増えたこともあって、画面キャプチャからの切り出し作業がやってもやっても終わらず泣きそうでした。全部で500以上あるんだよ。びっくり。

「取り置き」の機能、「移動」「並べ替え」「捨てる」は、いずれもドラッグ&ドロップのサンプルでよく出てくるもので、それ自体は難しくないのだろうけど、私の理解が足りないせいか手こずりました。Firefoxで動作してSafariで動かなかったのに手を入れたらSafariで動いてFirefoxで動かなくなったり。

最終的にちゃんと動くものに仕上がってよかったよかった。(ちゃんと動いてるよね?)

El Capitan インストールした。

この記事へのリンク

インストール作業自体は特に問題なし。

使っていてすごく困ったことはないが、ちょっと困ったことはいくつかある。

まず、Bluetooth。iTunesで再生した音楽をBluetooth経由でミニコンポに飛ばして聞いているのだが、プチプチ途切れる。マウス(これもBluetooth接続)を動かすとそれに合わせて途切れるし、マウスの動きもすごく重くなって操作が困難なほど。解決方法は、一旦Bluetooth機器を全て削除して再ペアリングする。マウスもキーボードも削除するので、USB接続のマウスを用意しておく必要がある。とりあえずこれで元どおり音がちゃんと出るようになった。

次にMacPorts。 OSのアップデートにともなって再インストールが必要になる。手引きどおりに進めるも"unsupported platform"のエラーで多くのポートがインストールできなかった。そこで /opt/local/etc/macports/macports.conf で build_arch x86_64 と明示してみた(59行目あたり。元は無指定、つまり自動判別らしい)。エラーが出てインストールできなかったポートはsudo port --all clean (ポート名) で一旦綺麗にしてやると(--allはいらないかも)多くのものがインストールできるようになった。

そしてPainter12。タブレットで線を描くと遅延がすごい。タブレットドライバ(Wacom)が「動作検証中」で、対応バージョンが出れば改善するかもしれない。が、Painter2016を試用してみたところ問題ないのでタブレット側の問題ではないかも。

日本語入力の逐次変換は、私の入力スタイルに合ってるのでちょうどいい。

新しく加わった4つの日本語フォントはハデさはないがいい所をついた渋いフォントだなと感じた。バリエーションから言うと太めのデザイン書体(ポップ体など)が欲しいところだが、創英角ポップ体(Microsoft Office に付属のフォント。あちこちでよく見かける)みたいなのでは困る。まあ創英角ポップ体が OS X付属になることはないだろうけど。