種類

原理

便利帳

ホームへ戻る

 順次、増ページしていきますので、定期的に見に来てください。

Copyright(C) 1997 yamachan 

変圧器はトランスとも呼ばれ昔から使用され続けています。町を歩くと電柱が立っていますが、その上方に灰色をした設備が設置されています。これが変圧器です。変圧器は名前のとおり電圧を変換することを目的として使用されています。

P=V x I

  P:電力[W],   V:電圧[V],   I:電流[A]

電気のエネルギーは電圧と電流の積で表されることは良く知られています。エネルギー量を一定とした時、電圧を高く設定すると電流は小さくなります。電線の太さは電流に比例しますので、電圧を高くすることは電線を細くすることができます。

発電所で発電された電気が私たちの町まで送電されてくるには長い距離を経てきます。この間を電圧を高くして送電することで細い電線を使用することができます。送電線に流す電気の電圧を高くするために変圧器が用いられています。

しかし電圧が高いまま家庭や工場などで電気を使用すると非常に危険です。そこで安全なレベルまで電圧を下げてやる必要があり、ここでも変圧器が使用されています。ここで使用されている変圧器が電柱の上に設置されている変圧器です。

変圧器の役目がわかったところで、変圧器の詳細について調べて見ましょう。

このページにはMIDIデータが埋め込まれています。