さて、1面だよん

This Page is used Cascade Style Sheet 1.


戻るよん
 さて、これからゲームをはじめるとしよう。ここで必要なのは、操作方法だ。できることならジョイパッドが欲しいが、これをPentiumUマシンで使うとめっちゃ軽くなって思いがけない操作になる可能性があるので注意しよう(ちなみに、僕が使っているのはNECのPK-GP101です。メイドインジャパンのこのパッドでもちゃんと認識します)。このゲームでは数々の操作を行うので、各ボタンに設定するといいよん。

 左の写真を見て欲しい。これは、キャラクター&面セレクトの画面だす。左上を見ればわかるが男性と女性の2パターンある。この二人の特徴は・・・じつはまだよくわかっていない。ゴメン。左のページがこのゲームの各面だが、選択できる面は青で表示される(赤で表示されているものは選択している面)。初めてゲームをやるときは「SPIRE」のみが青くなっているはずなのでこれを選んで右下のゲーム画面をクリック! これでゲームがスタートする。


 左の写真はダンジョンに入ったばかりのものだ。ここでは左右の壁に火炎放射器があり、そこから斜め下に炎を吐いているので火炎放射器の真下をくぐるように避けよう。
 ところが、右の写真を見ればわかる通り、先はぶ厚い扉で硬く閉ざされている。この扉を開けるにはどうしたらええんやろ?

 答えは、以下の通り。火炎放射器を抜けたところに左の写真の部分があるので、これをよじ登るのだ。よじ登り方は、前進+ジャンプ だ。
 これで、さっきの扉が開く(左の写真参照)。

 先へ進むと左側の写真のようにドクロが浮いている場面がある。これは、セーブ可能な場所を示している。ドクロに近づいて操作ボタンを押すと右側の写真のよな写真になる。ここでセーブするファイルを選び、額縁の中をクリックしよう。するとセーブすると同時に・・・こんなん日本語版でどないすんねん!?
 この面では、3つの鍵がかかった扉がある(左の写真参照)。これらの扉は別に鍵が必要となるわけだが、この鍵を手に入れるには複雑な操作を必要とする(けっこー難しかったわ、ここ)。赤の扉は、「操作」ボタンを余すとこなく使いまわして、銀の扉は剣の技を光らせ、金の扉は的確なバー操作と逃げ足が必要。特に金の扉のところに出てくる火炎放射器ロボットはなかなか倒せないうえに火炎は大ダメージを食らうので逃げたほうがいいだろう。金の扉を抜ければこの面のクリアは目の前だ。






 さあ、これで2面に突入。名前はCIRCUS(ほんまは1面だけと思ったけど、2面もちょびっとだけ紹介しよう)。行って見ればわかるが、画面の所々にピエロの肖像画がある(右の写真参照)。この面に行く前、お約束のメッセージ画面(左の写真参照)が、このメッセージの意味は・・・あかん、エイゴぜんぜんわからん。こんどアイドスのHさんに聞いてみよう。
この面の最初に出てくるは、モーニングスターを振りかざすヘビ女。上半身は女で下半身はヘビでなかなかしぶとい。1面で出てきた、剣持ったオークみたいなやつ(ゲームブック版では、オークがモーニングスター持っていたんやけどね)が2撃で倒せたのに、こいつは十数回剣をぶつけないと倒せない。ちなみに、ゲームブック「盗賊都市」に出てくるヘビ女(正式名称は蛇女王)は首から上がヘビというカワイソーな体です(噂によるともともとは人間だったが、どくろ砂漠でヘンテコリンな儀式でこーなってしまったらしい)。ヘビ女を全部やっつけてレバーを操作すれば次の部屋に進めるぞよ。




 ところがですねー、えー、やられました。この靴履いたゴブリン、どないすんねん!






ひとまず、ここまでちょっとした攻略を書いてきたが、やっぱり根掘り葉掘り教えるのはまずいと判断。ひとまずちょっとした紹介でご勘弁願いたい。ただ、いくつかヒントを。

  1. とにかくいろんな場所ですぐ「操作」
  2. 目先の宝箱には死が待っている!


これらを念仏のように唱えていざ行かん!

戻るよん