第16号


特別企画・なぜか漫才


 

どもです。実は、テレビに沢山でていたある漫才コンビを見ていて、あるアイデアがあったのです。
その漫才コンビとは、
 
中川家
 
です。兄・剛と弟・礼二のコンビで、思いっきりおもろい漫才を展開する、あの吉本所属のコンビです。
この二人の漫才を見て、FF世界にいるあの兄弟で漫才させたらどないやろーなーいうめっちゃ突発的な理由で仮想漫才を書いてみました。
ただ、書こうと思う前に中川家のゴタゴタがあって、少し発表を先延ばしにしようかと思っていましたが、そろそろええかなぁと思って、思い切って公開することにしました。
初の仮想漫才と言うことで、かなりの駄文になったとは思いましたが、おもしろく思って頂ければ幸いです。
 

 
カーナス(以下、カ)サカムビット(以下、サ):どーもー、チャラヴァスク家でーす。
:弟のカーナスですぅ。
:兄のサカムビットです。
:最近何かおもろい事あった?
:いきなり聞くなぁ。暇で死にそうなんかいな?
:あんたに言われたないわ! 兄ちゃんも暇つぶしのために町のど真ん中にでーっかい(手で囲むように)迷宮作っとったやんけ。
:ちゃうわ! こーーーんなでーっかいやつや(さらに大きく囲むように)!
:どっちゃでもええわい! 兄ちゃんはええよ、ごっつ金持ってて、権力持ってて、民衆には慕われて。ほいで女にはモテモテで。
:いや、モテモテは関係ないやん。
:でもモテとるやろ。
:うん。
:ほんまかい! やっぱファングの町でブイブイ言わしとったの兄ちゃんかい!
:結局そこかい。ブイブイ言わしとったんちゃうわ、ブンブン言わしとったんや(手をブンブン回す)。
:わけわからんわ! なんでブンブンやねん!
:いや、夜の草ベイズ・ボールチームの・・・。
:あるかぁ! 夜は怖ぁて道歩かれへんやんけ! 兄ちゃんみたいなもんが町歩いてみぃや、「どうぞ暗殺してください」いうてるもんやんけ!
:そやからブイブイ言わすわけないやろ? それより、やっぱりお前、まだオレの事殺そう思とったんか!?
:なんでそこに行くねん! まぁあれは、若気の至りちゅうもんや。酒の上のことでっさかい。
:そんなんで済ますな! それよりも、暗殺依頼がバレて逃げている間浮き名流しとったみたいやのぉ。そっちの方聞きたいわ。
:開国するとモテるよぉ〜。モテモテだよぉ〜。
:とぼけんな! しかもなんでペリーやねん! 時間と世界ゴッチャにするなや!
:開国してくださいよぉ〜。ねぇ〜。減るもんじゃなし〜。
:やかましわい! 元ネタわからんかったら誰も笑われへんやんけ!
:ここで笑わんかったら他笑うとこないよー。
:なんでテントやねん! カブトムシの戦いでもやるんかい! まぁそれはええ。ほんまは、お前が逃げている間、うちの調査班に追跡調査してもろてたんや。これ見てみぃ!(と言って、一冊のノートを取り出す)
:なんでコ○ヨのキャンパスノートやねん?
:うん、この方が使いやす・・・ってそこ突っ込まんでええねん。他に羊皮紙とか無かったんや。これが目に入らんかぁ!
:うっ! 兄ちゃんそれアカンわぁ。プライバシーの侵害やわー。
:そういうツッコミはやめい。時間と世界ゴッチャにする言うとるやろ・・・まぁええわ。ペラッ(と言ってページをめくる)
:うわー、恥ずかしいわー。
:「風の月 3日 晴れ。今日はカーナスのおっちゃんが一人でメシ食ってた・・・
:(ペシッ)子供の絵日記かい! しかもそこのオレ、めっちゃ寂しいなぁ。
:報告者がそういう趣味やったらしいねん。しかしお前友達おらんのかい。
:しゃあないやん。身を隠しての逃亡生活やったんやから。そやから、浮き名流すことなんか出来るわけないやん!
:(無視して)「刈の月 10日 曇り。今日はいい天気。
:(ボソッ)無視かい! 曇りやからええ天気ちゃうやん・・・
:「カーナスのおっちゃんは、今日は機嫌が良さそう。どうやら、ブラック島に城を建てる手筈が整ったらしい。どんな城になるんやろうかドキ、ドキ
:おーい!!! どこの世の中に報告書に「ドキドキ」書くやつおるかぁ! 今時の女子高生でもこんなん書かんわ!
:いやちゃうちゃう、「ドキ、ドキ」やねん。
:いらんとこ修正せんでええっちゅうねん。これほんまに調査班が書いとったんかぁ?
:ほんまやって! うちんとこの息子たちの探偵ごっこやってるときに書かしたんやから!
:えーかげんにせい!
:どーも、ありがとうございましたー!

 

 
・・・ついに書いてしまった(^^; もう、前から中川家の漫才を聞いていて、いてもたってもいられなかったもんで。 もうほんまに、ヲレがやりたかっただけなので、気分を害されたらごめんちゃい。
・・・でも、好評ならまた書くかも(無いって)。

[2003.3.16]

 


次号予告・未定です(爆)!