トップページ サイトマップ インフォメーション BBS MAIL

title:カホンを作る
date:2003/08/31
name:miji

[1][2][3][4]

カホン[Cajon]という楽器がある。
フラメンコなどのラテン音楽によく使われる打楽器です。
スカパラのライブに行った際、大森はじめ氏が叩いているのを見ましたが、Skoop On Somebodyもやってると言う話です(友人談)

別の理由ですが、家にちょっとした椅子が欲しいと思いました。剣持勇の曲げ木のスツールを買おうかと思っていたのですが、せっかくなら音が鳴る方が楽しいではないか。

Cajonは寝て待て!というサイトがあります。
カホンを叩くだけでなく作りかたまであるページです。え。楽器って、作れる物なの?
と思いましたが、DIYerとしては、できる可能性のある物なら作ってみよう!夏休みの工作に。
そんなわけでカホンを作ることになりました。

作成にあたっては、プリントアウトした紙がヘロヘロになるくらい、上のサイトをものすごく参考にしました。

[製図]
[サイズ]
[木の接合]

売ってる木材のサイズはサブロクとかシハチとかいう標準規格があって、その板を何等分かするというサイズになっています。
サブロクは910x1820mmなので、できあがり寸が450とか300とか600とかだと無駄なく作れてコストを抑えることができます。
したがって、できあがり寸を左のようにすることにしました。
木はホームセンターで切ってもらう方がいいので、買いに行く前にきっちり製図して、サイズを出し、だいたいの木取り図を書いて持っていくことをおすすめします。

 

[材料]

品目 備考
パイン集成材(18mm厚)
・300 x 300 2枚
・300 x (450-18x2) 2枚

側面、底面、座面用
300x1820の板が品切れのため、300x910を2枚購入した

シナ合板(4mm厚)
・300 x 450 2枚
打面、背面
9mmラミン丸棒 ネジ頭隠し用。なぜ9mmかというと 木工用ドリルビット9mmを持っていたので。
普通は10mmでいいと思います。
18mm角 角材 補強用。ラワンにしましたが、もっと割れにくい材がいい
木工用ボンド  
油性ニス 色はウォルナットにした。
速乾性ボンド セメダインG17など
ビス
・4.2x42mm 20本(ユニクロ皿タッピン 組み立て用)
・3x10mm 30本(ステンなべタッピン 打面、背面用)
・3x25mm 12本(ユニクロ皿タッピン 補強用角材取り付け用)

組み立て用ねじは、板の厚さの2倍ちょいくらいのイメージで選びました。
小さなねじ、細いねじを選ぶときは適応ドライバの番号に注意。(うっかり、1番のドライバが必要なねじを買ってしまいました)

スナッピー Pearl製(友人にお使いに行って貰う。\800くらい。)
ゴム脚  

[道具]
ドリルドライバ
ドリルビット
・木工用 9mm(ダボ穴用)
・鉄工用 2.5mm、3.3mm(下穴用)
自由錐(120mm穴あけ用)
ハケ

今回、自由錐というドリルの先に付ける穴あけ工具を買いました。これが、刃物がブンブン回る恐ろしいしろものです。
大きな穴をあける工具には、直径5cmくらいまでならホールソーという工具があります。これはダイソーでも売ってます。(もちろん\100)
今回背面にあける穴は直径12cmほどなので、\2000弱も使って自由ギリを買いました。
穴あけもやってくれるところで木材を購入するのがかしこいかもしれません。(ちなみにうちの近所では、ハンズ可、コーナン、ロイヤルホームセンター不可です)

 

[next]