matu.jpg 松屋町あたり
松屋町といえば、大阪に住んでいる人ならまず人形(ひな人形、五月人形)のイメージが強いと思いますがそれだけじゃーないのです。

1996年12月に開通した地下鉄「長堀鶴見緑地線」松屋駅を降りますと
そこが大阪で人形の町として有名な松屋町です。


3月のひなまつりや5月の端午の節句の前あたりに流される
TVスポットCMで聞き覚えのある人形屋さんの看板が目につきます。



訪れたのが2月で、ひなまつり商戦の佳境を向かえておりました。
最近の主流はやはり住宅事情のせいか、ここに写っているようなコンパクトなタイプのようです。


 

通りを歩くとこういったなつかしい「駄菓子屋玩具」とでもよんだらよいのでしょうか
スーパーボール、ビー玉、ブーメラン、ゴム風船、リリアン、けんだま、コマ、お面...
あまりのなつかしさになみだが出そうになること必至です。
今もまだこういったものも脈々と生き残っていたのですねですね...
なんかちょっとほっとした気分になりました。


 

もちろん駄菓子もあります。 ほかにも駄菓子屋さん向けの「当てもの」や「クジもの」なんかもあります。
基本的に卸問屋ですが大抵小売もしてくれます但し大袋単位です。
仲間内でのイベントの余興なんかに調達してみるのもいいかもしれませんね。


[トップページ] [とぼとぼ散歩INDEX] [つづき]