新井 満(あらい まん* ARAI Mann)

作家、作詞作曲家、写真家、環境映像プロデューサー、
長野冬季オリンピック開閉会式イメージ監督など、多方面で活躍中。
1946年新潟市生まれ、上智大学法学部を卒業後、電通に入社。
在職中はチーフプロデューサーをつとめた。
小説家としては1988年『尋ね人の時間』で芥川賞を受賞。
2003年11月に発表した写真詩集『千の風になって』と、
それに曲を付け自ら歌唱したCD『千の風になって』は
現在もロングセラーを続けている。
同曲によって2007年レコード大賞作曲賞を受賞。
日本ペンクラブ常務理事として、平和と環境問題を担当。
現在は顧問。平安女学院大学客員教授。

小説に『エッフェル塔の黒猫』、写真詩集に『希望の木』、
エッセイ集に『生きている。ただそれだけで、ありがたい。』、
自由訳シリーズに『般若心経』、『イマジン』、『方丈記』、
『青春とは』など13点。CDブックに『春や昔』、
CDシングルに『いのちのバトン』、『イランカラプテ〜君に逢えてよかった〜』、
CDアルバムに『風神』など多数。

公式サイト マンダーランド通信:http://www.twin.ne.jp/~m_nacht/