更新日記

1999/9/5

【前へ】 【もどる】 【進む】

ふぅ〜…「今度は近いうちに更新予定!」とか言っておきながら…

ふふ…結局この体たらく…ざまぁねぇなぁ…

しかも前回の更新時に更新事項を2つほど忘却の彼方へと飛ばしており…

ほんっ〜〜〜〜とうに申し訳無い!! ふみか! Revoさん!

忘れてたわけじゃ…って言うか忘れてたんだよな。言い訳無用

いやしかしなんだねぇ。もう学校始まっちまったけど夏休みいろいろあったよ

主に宴会だったけど…楽しかったからよしとしよう

しかしそこでは事件が起こっていたのだ…今こそ語ろう…

あの恐ろしくも忌まわしき記憶を…!

その日俺達はいつものようにある友人宅へと集合した…

久しぶりに会う連中も有り少々はしゃいでいた…

そうしているうちにいつものように酒やつまみを買い、宴は幕を開けた…

皆それぞれいい具合に酒が回ってきた頃、事件の予兆は現れた…

一人…また一人と次々と眠気にやられた者、酒気にやられた者が

床についていってしまった…そりゃスピリタス(96度)なんぞ飲めばなぁ…

「またいつものパターンか…」そうして取り残された俺ともう一人は

ソウルキャリバーに手を出し夜中もくもくと対戦を続けた…

が! 悲劇はそこから始まった…! 一人の連れが覚醒…何を思ったか剃刀を持ち…

寝ている奴の眉毛を剃り始めた!!

うわぁ! なんてことしてやがる!? と思うと今度はこちらを標的とし襲いかかる!

それでも俺達はキャリバーの対戦を続けた…!(笑)

おいおい、やばいんじゃないか!? そう思っているとついにトイレで酔いつぶれた

一番ダメージのでかかった者(なぜか全裸になっていた)に目標を定めた!

眉毛ハンター?

何故かそんな異名で呼ばれるようになっていた奴は、なんとそのまま…

頭上に十字路を築いた!!
(奈良カッターも装備可!?)

そうしてその後はもう何があったかよく覚えていない…

横たわる眉毛無き生ける屍…響き渡る悲鳴と笑い声…

どう考えても腐ってるとしか思えないキムチ…そして誰が食うねん!? という

チョコやら惣菜やらを混ぜて肉料理風(に見える)料理に仕上げた炒り卵…

あぁ、あの味はとてつもない破壊力を秘めていた…ゾンビでも倒せそうだ…

そして覚醒する人々…その後に待つのは悲劇のみ…

この話はここまでということにしておこう…悪夢、とだけ付け加えておく…

しかしこれ書いちゃってよかったのかなぁ? まぁいいか。今となっちゃあ

笑い話で済むだろう…しかし全然更新日記じゃないな…

とりあえずそんなこんなで更新16回目

リンクに「Sound Hrizon」追加、もらったものに

ふみかのCGを追加、文字の波の絵をちょっと更新、文字の波に

FENLIL作のFEのSSを追加…

うぅ…なんか今回はめちゃくちゃだぁ…次回は…コンテンツの整理したいなぁ…

  【前へ】 【もどる】 【進む】