Harmlet ver1.0

ホームページへ戻る

ここにご紹介しますHarmletは

KHarm ver2.20、 同LE、 同AXに続く

高調波計算ツール第4弾で、

コンピュータ機種やOSを選ばないクロスプラットフォームとして注目を集めている100% pure JavaによるAppletで作成していますので、JDK1.13に対応したブラウザを使用すれば、インターネット上で、高調波流出電流の計算を行うことができます。

なお、現在はネット上に公開して、皆様のご意見等をお聞きしたいと、思っております。

ご意見等は

yamachan@po.twin.ne.jp

までお寄せください。

この下のアンダーライン部をクリックすれば、Harmletを読み込み実行することができます。

Hamlet実行

Applet名: Harmlet Ver1.0

著作権(作者)   : Masahiro yamaguchi

サイズ  : 372KB(HTMLページ含む)

言語   : 日本語

プログラミング言語 : 100% pure Java

使用ツール : Borland社 JBuider(JDK 1.13)

このページに記載している商品名はメーカ各社の登録商標です。

ご使用上の注意

・当プログラムは現在B(ベータ)版です。

・当プログラムを使用するにはまず受電端のデータ設定を行い接続ボタンをクリックしてください。受電端の設定・接続を行わずに、変圧器等の機器データの設定、接続は行えません。

以下についてご注意ください。

・回路上の機器を複数削除するときは連続して削除せずに、削除した後は他の機器をクリックしてから次の削除をする機器をクリックしてから削除してください。連続して(他の機器をクリックせずに)削除操作を行うと、NullPointerエラーが発生します。

・数値入力について

数値入力のチェックをしていませんので、数値入力部には必ず半角の数値を入力してください。

容量等数値入力する部分ではあり得ない数値、例えば容量0とか、台数0等を入力するとエラーが発生します。

また、進相コンデンサやフィルタでは共振しないようにしてください。

Copyright(c) 1998 Masahiro Yamaguchi (Yamachan)